金属類はどのように取引すればよいのでしょうか?

多くのベテラン投資家は、一般的にインフレに対するヘッジとして考えられるの金属をバランス型ポートフォリオとして保有しています。金や銀のような金属は希少性、つまり限られた供給量により価値を保たれているためセイフヘイヴン資産として扱われることもあります。

最も盛んに取引される金属類-金

金属類の中で耐久性、展性、伝導性のような本来の特長と宝石類としての幅広い用途により、が最も盛んに取引されています。ほとんどの商品と同様に、金の価格は需要と供給の市場要因によって決定されます。貴金属はリスク姿勢、市場不確実性、インフレ傾向に影響されます。

具体的には、世界全体の景気が崩壊しようというときに投資家がセイフヘイヴンの手段として貴金属を求めるようになります。戦争、政治的危機、不況、政府の借金問題のような状況が含まれます。結局、株式通貨はこのような場合には損失を受けやすく、金はその希少性から価値を保つ見込みがあります。

そのため、ベア・マーケットまたはブル・マーケットの兆候を探す長期投資家によく取引されます。 株式市場の上昇は、通常、景気動向の好転により、金の需要が弱まっていることを示しているため、トレンドや反転は株式指数と連動して決定されます。一方でベア・マーケットは弱めのファンダメンタルズを反映し、トレーダーのポートフォリオに金を保有することで安全を確保させるよう導きます。

Gold

銀とその他の金属

Metals

一方では金の二番手としてみなされますが、独自のメリットがあります。特に銀は景気状況と企業の取引活動に対して敏感に変動するため、産業用金属として使用されます。これにより、銀市場における価格変動は通常、金市場よりも激しいため、短期トレーダーが最有力候補者となります。

プラチナもまた経済、金融、政治的危機の間に価値を得る傾向のある金属の一つです。しかしながら、金と比較すると希少なためより高額であまり頻繁に取引されることはありません。とはいえ、特に金の価格が高騰しすぎた場合に強力なセイフヘイヴンとして代わりに提供されることがあります。プラチナは特定の業界で利用され、価格が循環景気状況に対して敏感であるという点ではといくつかの共通した特徴を持っています。

金属取引

これらの貴金属の売買には実際に商品の引き渡しは必要ないため、金の保管場所に関して心配する必要もありません。これは店頭取引(OTC)と呼ばれるもので、関連リスクが存在します。確固たるリスク管理計画を立てなければトレード口座に投入した資金を全て失ってしまう可能性があります。これがストップロスレートまたはdealCancellationのようなリスク管理ツールを使用することが重要である理由です。これらのツールはトレードにおける損失を防ぐことはしませんが、口座の残高を保護することができるかもしれません。

金属取引の他の特徴は、金属価格が通貨変動に敏感であるにも関わらず、他の金融資産では提供されないインフレ保障が提供されることです。これらを考慮に入れるために、easyMarketsは米ドル、日本円、ユーロ、豪ドル、イギリスポンド、カナダドルなどのようなあらゆる通貨に対して貴金属トレードを提供いたします。現物のパラジウムプラチナもまたプラットフォームに含まれています。

トレーダーの皆様のご意見