CFDのインデックス取引

グローバルなインデックス S&P 500, FTSE, 日経, DAX, NASDAQ

Activision Blizzardや、Adobe、Amazon、Nike、Honda、Sony、Olympus、BMW、Adidas そしてAirbusなどの現在最も興味深くエキサイティングな株式をとりそろえた世界で最も活発なインデックスから選びましょう。

10以上の主要な株式からお選びいただけます

今すぐ取引を始めましょう

なぜeasyMarketsでインデックスを取引するのか?

EU, UK, US, AU、そしてアジアのインデックス

各々の市場には独自の変数があり、開場時間やモビリティのレベルが異なります。自分に一番合った市場を選択したり、複数の市場で取引したりしましょう。easyMarketsはグローバルな取引へのアクセスを提供します。

"

dealCancellation*

いつもより大きな取引をしたいと思っても、市場が自分に不利に動くのではと心配していませんか?少額の料金を支払っておけばdealCancellation*で取引を保護する事ができます。

抜群の取引条件

固定スプレッドや、マイナス残高保護、無料のストップロス保証、そしてテイクプロフィットが利用できるという業界屈指の取引条件を体験できます。

どこからでも取引可能

easyMarketsの取引アプリを利用すれば、インターネット接続さえあればどこからでも全ての機器で取引する事ができます。価格通知を設定しておけば市場の動向を正確に知る事ができます。

トレーダーの皆様のご意見

インデックス取引ができるのはいつか?

インデックス取引は初めてですか?

インデックス取引もしくは株価インデックス取引とは何でしょう?本質的には、「株式バスケット」と呼ばれる物もしくは株式の組み合わせを取引するという事です。その優れている点は、取引するために株式を所有する必要すらないという点です。特定のインデックスは特定の株式のカテゴリーをフォローしています-例えば、NasdaqはAppleや、Amazon、クラスA株式(Google)、Intelなどの非金融企業で構成されています。

なぜindividual stocksではなくインデックスを取引するのでしょう?

最も明白な利点は多様性で、殆どのファイナンシャルアドバイザーは、インデックスをリスク管理戦略として推奨しています。インデックスならボラティリティが、様々な企業の株式の間で平均化されますが、個々の株式に投資をしていれば、そのたった1つの企業の株式のボラティリティに、当額の全てがさらされる事になります。

もう1つの利点としては、異なる場所のインデックスに投資をしていれば、1日中取引をする事ができるようになるという点です。特定の時間に取引をしているなら、これは非常に便利です。更に別の利点は、ある1つのタイムゾーンで何かが発生すれば、次に開場する市場に影響を及ぼす可能性があるという点です。

また別の理由は、株式市場は、一般的に経済の健全性と正の相関を持っているという事です。ある国の経済が上向きなら株式市場も上向きます-ですが、経済の健全性とは逆方向に推移する商品も存在します。

安全資産通貨や貴金属は、一般的に経済の健全性とは反対方向に動くので、投資家たちは市場のボラティリティが高まっている間は資産を保護するためにそういった金融商品に退避します。

それでは、自分に一番合ったインデックスはどうやって選べばいいでしょう?

当社では投資アドバイスをする事は出来ませんが、何を取引するにせよ知識が力であるという事は常に真実です。S&P500や日経などの極めて一般的なインデックスを選択する事は、深い情報を利用できるという事です。なぜなら、それらのインデックスのパフォーマンスに関する一次情報のレポートがあるだけでなく、殆どの他の主な金融関連の出版物もそれらについてレポートしているからです

また、人気のインデックスの殆どは一般的に人気の企業の株式で構成されており、そういった企業の事も定期的にレポートされている見込みも高いでしょう。

世界で最も人気のインデックス:

  • ダウ平均株価-世界で最も古く、最も良く知られている株価指数であるDJIAは、公に取引されているアメリカ合衆国の30の大企業の株式の価格を追跡しています。US30とも呼ばれています。
  • S&P500-アメリカ合衆国の時価総額の約80%を占める上位500の米国株式のバスケットです。ですから、S&P500はアメリカ合衆国の経済の良し悪しに関する優れたインジケーターだと考えられています。
  • DAX30-フランクフルト証券取引所で取引されているドイツの主要30社を追跡しています。DAX30もしくはGerman30はドイツ経済のバロメーターだと考えられています。
  • Nikkeri225-日本で有数の株価指数である日経は、トヨタやパナソニックのような一流の日本ブランドを含む、東京証券取引所の上位225社で構成されています。
  • EURO STOXX 50-ユーロ圏における上位50の一流企業が含まれています。EURO STOXX 50は、投資家からヨーロッパ経済のヘルスインジケーターだと考えられています。
  • FTSE100-ロンドン証券取引所で取引されている主な100の株取引を追跡しています。イギリスをベースにしていますが、多くのFTSE100の企業はグローバル指向で、イギリス国外で利益を上げているので、イギリス経済にはそれほど関連していません。
  • CAC40-フランスの株式市場のベンチマークとなるインデックスであるCAC40は、ユーロネクスト・パリ取引所に上場されている上位40社で構成されています。
  • Hang Seng-香港株式市場の時価総額の上位50社のパフォーマンスを追跡しています。また、Hang Sengは中国経済や更に広域のアジア市場とも関連しています。
  • ASX200-オーストラリアの主要なベンチマークとなるインデックスで、オーストラリア証券取引所の上位200の株式を追跡しています。ASX200では金融と素材が最も大きなセクターなので、そういったセクターがこのインデックスに影響を与える可能性があります。

こういったインデックスがに人気があるのは、その多くにブルーチップ株式が含まれている(もしくはそれだけで構成されている)からです。ブルーチップ株式は様々な形で定義する事ができますが、一般的には10億規模の時価総額(発行済み株式×単一株の価値)を持つ市場のリーダーだと考えられている十分に確立した企業の株式の事です。

ブルーチップ株式の例:

  • General Electric
  • General Motors
  • Bank of America
  • Apple
  • Cisco Systems
  • Intel Corp.
  • Johnson & Johnson
  • Microsoft

*dealCancellation の規約が適用されます

dealCancellation©は申請番号62334455の下に“Easy Cancellation Option”という名称で申請中の特許です。