無料のストップロス自動設定

納得できるレベルの設定

easyMarketsは標準的な機能として全ての口座に無料でストップロスを提供しています。この機能はWebとアプリで保証されています。また利用者が設定した価格で実行される事が保証されており、市場が予想と逆に動いた際には取引がクローズされる事を意味しています。この機能によって予想外の損失を防止したり、取引の際にさらされる最大のリスク量を制限できます。

今すぐ取引を始めましょう

トレーダーの皆様のご意見

無料のストップロス自動設定

有効な取引戦略の要素の一つがリスク管理です。ストップロスは損失の急拡大を止めるために使われている最も一般的なツールの1つです。多くのブローカーが提供していますが、全てのストップロスが同じではありません。easyMarketsは追加の費用無しでストップロスを提供するだけでなく、所定の価格に達した際に注文が実行される事も保証されています。

これは重要な利点です:もしもストップロスレベルが保証されていなければ、スリッページが予想外の損害をもたらし、市場のボラティリティが高い時にはリスクが指数関数的に上昇する事になります。ですがeasyMarketsでは、ストップロスは確実に事前に設定されたレートで実行されるので安心して取引をする事ができます。

ボラティリティ:敵か味方か?

通貨市場はいくつもの要素が絡まるためボラティリティが高くなりがちです。こういった変動は多くのチャンスだけでなくと落とし穴も生み出します。市場の動きと反対方向にポジションをとった場合は、こういった変動が損失に繋がります。未来を予測する水晶の玉は存在しないので、市場が動く方向を100%確実に知る事は誰にもできません。予測した方向と逆に通貨ペアが動くリスクを考えれば、損失を限定するための方法を持つ事は重要です。そういった点でストップロスが役に立つのです。

為替市場に影響を与える要因

FX市場や通貨価格の動向に影響する要素には以下のようなものがあります:

ブレグジットやアメリカ合衆国大統領選挙などの政治的イベント
経済指標:金利、インフレーション、および雇用データ
政策の変更:OPECの決定や金融政策の変更など
他のイベント:金融危機や自然災害
市場心理
固定ストップ-シンプルなストップロス

ストップロス注文を設定するための最も簡単な方法が指値です。投資家があるポジションのために設定した価格は、ストップ価格もしくは特定の指値(設定可能な最大価格)のいずれかに達するまで変化しません。価格指定が最も一般的なストップロスの形なのは此のシンプルさのためです。

デイトレード vs. スイング取引-ストップロスの利用

ストップロスを設定する上で「正しい」価格や経験則はありませんが、憶えておきたい幾つかのアプローチがあります。デイトレードをしているなら、通貨ペアの1日あたりの値幅をチェックして、その範囲外にストップロスを設定しましょう。市場が突然トレンドを破り、損失方向へ大きく動いたとしても、ストップロス注文が自動的にポジションをクローズします。一方で、スイング取引をする場合は、1日の平均価格範囲の2倍など、ストップロスを更に大きく離して設定しましょう。

結局のところ、この巨大でダイナミックな市場で取引をする際にストップロスから最大の恩恵を得るためには知識と、練習、そして分析が必要なのです。

ストップロスを利用すべき状況

取引をオープンする際は、リスク量に基づいてプラットホームが自動的にストップロスを計算します。

ストップロスのレートを変更するには、オープンな取引にアクセスし、「変更」のボタンを押してください

そこではストップロスの変更や、テイクプロフィットレートの入力ができます。