コモディティーの取引

銅、原油、天然ガス、および農業コモディティー

コモディティーの取引は提供されている選択肢と、価格に影響を与える要素に関する多様性を理由にして極めて人気があります。コモディティーは本質的に組織だった社会の発展と結びついています-農業と鉱業は人間の歴史と固く結びついています。当初、コモディティーはそれら自体で取引されていました-1ブッシェルの穀物と石油や、銅のインゴット1本と砂糖やスパイスなど-経済と社会が成長するにしたがってコモディティーの利用方法も成長を遂げてきました。今日、コモディティーの取引は、比較的に理解が容易で、大部分が需要と供給に基づいており、株価が下落している際に安定している傾向にあっても、上昇させある事から非常に人気があります。

今すぐ取引を始めましょう

なぜeasyMarketsでコモディティーを取引するのか?

"

dealCancellation*

easyMarketsの最も革新的なツール-dealCancellation。これにより、小額の手数料で取引が失われた場合に取引をキャンセルできます。 他のトレーダーは市場が安定するのを待つか、または他のブローカーは取引を完全に一時停止しますが、市場のボラティリティの間に取引することができます。

コモディティーの選択

ひとまとめにされていますが、コモディティーは多様な製品のグループです。このグループには小麦や、大豆、砂糖、コーヒー、ココア、トウモロコシ、綿などの農業製品や、石油や、天然ガス、暖房油、軽油、そして原油などの工業製品が含まれています。影響を与える要因は異なりますが、これらのコモディティーの価格は大部分が需要と供給に基づいています。

どこからでもできる取引

スマートフォンでも、タブレットでも、デスクトップでも利用できます-当社の直観的なプラットホームでなら、インターネット接続さえあればどこからでも取引できます。世界中をあなたの市場にしましょう。

業界賞を受賞しているサポート

当社のクライアントサポートは24時間週5日利用でき、どんな質問や懸念にも回答いたしております。ライブチャットや、電話、複数のメッセージサービスを通じてご連絡いただけます。

トレーダーの皆様のご意見

コモディティーを取引できる時間帯は?

Trading hours
3 November 2019 to 7 March 2020 - Times GMT

CurrenciesCommodities
Product Open Close Daily Break
Wheat WHT 01:00 Weekdays 19:10 Weekdays 13:40 - 14:30
Corn CRN 01:00 Weekdays 19:10 Weekdays 13:40 - 14:30
Soybeans SOY 01:00 Weekdays 19:10 Weekdays 13:40 - 14:30
Cotton CTN 02:00 Weekdays 19:15 Weekdays
Coffee CFE 09:15 Weekdays 18:25 Weekdays
Sugar SGR 08:30 Weekdays 17:55 Weekdays
Cocoa CCO 09:45 Weekdays 18:25 Weekdays

CurrenciesEnergy Products 
Product Open Close Daily Break
WTI Crude OIL 23:00 Sunday 22:00 Friday 22:00 - 23:00
Brent Oil BRT 01:00 Weekdays 22:00 Weekdays
Heating Oil HEO 23:00 Sunday 22:00 Friday 22:00 - 23:00
Gas Oil GAS 01:00 Weekdays 22:00 Weekdays
Natural Gas NGS 23:00 Sunday 22:00 Friday 22:00 - 23:00

初めてコモディティーの取引をする際は?

第一に、コモディティーの取引に慣れていないなら、それは幸運な事です。なぜなら、当社の学習センターにはeasyMarketsで提供されている全てのタイプのコモディティーを紹介した動画と記事のライブラリーが備わっており、ここではその事を手短にご紹介します。私たちはコモディティーを毎日利用しています。身に着けている物の事を考えてい見れば、原材料として1つ以上の商品が含まれた物品をいくつも身に着けている可能性が高いでしょう。プラスチックや、衣類、輸送のための燃料、そして生産のための電力などが関わっているはずです。商品を日々利用している事やその必要性によって、コモディティーは大きく需要と供給の影響を受けます。こういった基本的な要素を以外でも、コモディティーは地政学的要素や天候の変化にも影響を受けます-なぜなら、多くのコモディティーは特定の地政学的地域で生産されているからです。

例えば、中東での原油の生産が途絶えてしまえば供給が減少しコモディティー価格が上昇してしまう事は常識ですが、サウジアラビアは石油の生産においては3位の国でしかありません。

この効果の一例としては、2017年の夏にハリケーン・ハーベイがアメリカ合衆国のガルフコースト沿いの製油所群の稼働を停止させた事があります。この事例では、製油所の停止は原油の需要の減少を引き起こし、価格を押し下げましたが、ガソリンでは供給が減少したために価格が上昇しました。2017年には、世界で3番目に大きなコーヒーの生産国であるブラジルが長期の干ばつを経験した際に、供給が減少し、価格が上昇しました。

コモディティーとは違い、他の金融商品は外交的・政治的出来事や政府の再作の変更などに限定されない多くの要因によって影響を受ける可能性があります。もちろん、この事はどちら一方に投資すべきえである事を意味しません-投資や取引についての書籍を読んでみれば「多様性」とゆう言葉を目にするはずです。つまり、様々なタイプのコモディティーは非常に異なる振る舞いをするので、複数のタイプの商品に投資する事が重要なのです。例えば、Forex市場は非常に活発で、通過の価格は1日を通じて動き続けています。一方で国債は遥かに安定しています-殆どの場合は常にそう期待されています。

取引を始める際に検討すべきもう1つの事はリスク管理です-その名前からすべき事はハッキリしていますが、多くの新規トレーダーたちは実際に見落としています。リスク管理は世界で政治的、経済的、そして物理的に発生している事について理解する事から始まり、投資目標の達成に役立ちます。取引している市場に影響する可能性のあるイベントを認識していない事で問題が発生する可能性があり、積極的に取引をしていれば更に不足の事態に陥る可能性があります。ですが、easyMarketsは新規トレーダーにでも熟練のトレーダーにでも役に立つリスク管理のためのツールを数多く提供しています。

ですから、easyMarketsではコモディティーへのアクセスが提供されているだけでなく、dealCancellationによって損失の出た取引を取り消す事もできるようになっています。この機能は取引のための保険のように考える事ができます-少ない料金を払っておけば特定の期間の間なら損失の出た取引をキャンセルする事ができます。もちろん、この機能は当社がご用意している多くのツールの内の1つでしかありません-無料のストップロス保証や、テイクプロフィット保証、そして固定スプレッドなどもあります。

*dealCancellation の規約が適用されます

dealCancellation©は申請番号62334455の下に“Easy Cancellation Option”という名称で申請中の特許です。