商品はどのようにトレードすればいいのでしょうか?

石油価格の下落に関する見出しを読み、利益の分け前をもらえたらどんなに良いだろうと願ったことはありますか? さて、貴金属からコーヒーや大豆のような農作物に至るまで商品を取引することでこれらの市場動向から利益を得る方法があります。

商品を取引する際に何トンものココアや石油が実際に手元に配送されることに関しては心配無用です。なぜならば、商品は実際に交換されることはないからです。代わりに、取引が一旦完了すると現金で決済される先物契約を通して取引されます。言い換えると、ブローカーが取引の開始・完了時に商品の価格差を計算し、お使いの口座に差額を追加または差し引きます。

値動きを生じさせる要因

しかしこれらの製品の取引を開始する前に、値動きを生じさせる要因を理解することは重要です。一般的に言うと、商品価格は需要と供給に影響されます。需要が弱いままで供給レベルが上昇すると価格を下落させ得る黒字、つまり市場における供給過剰を生じさせます。一方で、限られた供給に対して需要が高まると、価格が上昇する傾向があります。

それとは別に天候状況と季節性も考慮すべき必要不可欠な市場要因です。結局、天候の変化は穀物の状態に影響を及ぼし、特定の期間中に生産品の量と質に影響を及ぼすことがあります。リスクセンチメントはインフレーションに対するヘッジとして扱われる、金や銀のような貴金属類の商品トレンドに特に影響を及ぼします。

価格変動から利益を得ることを目的として商品を取引するのとは別に、企業と投資家も将来の予測された値動きに対してヘッジするためにこれらの機能を使用します。そうすることで、特定の商品の価格を固定することができ、将来業界が低迷した場合に生じうる潜在的な損失から身を守ることができます。こうしたダイナミクスは、商品を投資家として取引する際にも作用するため、将来の商品価格に影響を及ぼす可能性のある要因を特定できるよう、市場の見出しを注視しておくことが重要です。

Commodities

 コントラクトサイズ、証拠金規定額,ミニマムトレードサイズ

Commodities

いくつかの商品は、トレード口座への預金額を決定する際に、考慮すべき重要事項である同等の証拠金規定額と一致する最小50バレルまたは10メトリックトンの契約注文を必要とします。

株式とは違い、商品では配当金または収益は提供されず、特定の株式よりもよりボラティリティが高い場合があります。 商品トレードは一般的にトレンドを活用するため、市場で長期のポジションを保持できるトレーダーに推奨されます。また、全てのCFD取引とほとんどの他の金融商品にはリスクが伴うことに注意してください。マージンで取引する際には収益を出すために機会を活用していると同時にリスクも伴っているので賢く取引するべきです。

easyMarketsプラットフォームでは、潜在的な利益と損失を計算しやすくするために商品は米ドルで表示されています。提供されている商品はWTIから原油、天然ガス、灯油、軽油、小麦、大豆、コーヒー、砂糖、トウモロコシ、綿、ココアに及びます。

トレーダーの皆様のご意見