先物取引とその仕組みとは?

将来の日付のための価格をロック

easyMarketsは、今後の市場の予測不可能な動きに対して取引を保護するための効果的なツールである先物を含む、いくつもの取引方法を提供しています。先物は将来の日付で現在の価格をロックできるので、ヘッジのために利用できる素晴らしい製品です。easyMarketsを利用して通貨から商品まで様々な市場で取引しましょう。

今すぐ取引を始めましょう

先物の利点

あらゆる類似の先物取引と同様に、FXにおける先物取引も標準的なタイムフレームや、契約サイズ、そして決済のための手続きがあります。

こういった契約は世界中にある規制された取引所で取引されており、FXでは世界中の様々な場所からオンラインの取引プラットホームや電話などの介した2人の当事者間で行われる取引と処理のために一元化された場所が存在しない事から、店頭注文だと考えられています。

  • 最も一般的なヘッジの方法です。
  • 効果的に予算の予測ができます
  • 毎日FXの動きを追うストレスを低減できます
  • シンプルな店頭契約です
  • 期日まで最大で30日を要するので、ヘッジのために十分な時間があります。
  • アカウントの流動性を効果的に管理できます
  • 完全なヘッジと価格保護を提供します
  • 将来的なボラティリティのための効果的なリスク管理ツールです

トレーダーの皆様のご意見

先物取引とその仕組みとは?

外貨為替(FX)の先物取引は、投資家が将来的の特定の日付でFXの支払いを受けるか、コミットメントを持つ際のヘッジとして使用される契約です。先物取引は、基本的に買い手と売り手の間で、指定された日付において、特定のスポットレートで特定の通貨を売買する契約です。先物取引は投資家が将来の交換レートの動きをカバーまたはヘッジする事を助け、支払いのデータと先物取引と日付について合意が得られれば、投資家はFXの支払額に「ロックされた」と表現されます。

これが本質的に意味する事は、先物取引をすると、売り手はいかなる前払い金を支払う必要なしに将来的なFXの交換レートを設定するという事です。ですが、こういった契約の下で全ての通貨が提供されているわけではないので、先物取引のために使用できる通貨がどれなのかに関してブローカーをチェックしておく必要があります。

その仕組みは?

先物契約を締結する際には、売り手と買い手は量と、単位価格、通貨が取引される日付について合意します。合意された日付になると、買い手は売り的に対して事前に決定された量のアセットの対価として合意された価格を支払う必要があります。つまり、そのスポット価格が契約で決定された先物価格よりも低い場合は、売り手が利益を出す一方で、買い手が損をするという事です。従って、通貨の先物取引では、2人の当事者は通貨を物理的に交換するというよりも単純に損失または利益の額に同意する事ができるのです。

先物取引をする理由

easyMarketsは個人客に先物を実際に提供している数少ないブローカーの1つです;一般的に、先物は機関投資家、銀行、ブローカー、そして企業のための製品です。

先物オプションは、一方の当事者が外貨を使って将来の日付で取引を行いたい場合に利用されます:例えば、日本から何かを購入したいと思っても、数週間後まで支払いができないとします。売り手に品物の対価として100USDを支払う事に同意しても、現地通貨は円です。

その100USDが支払いがなされる数週間後に日本円で現時点と同じ価値がある事を保証できない場合、買い手が過剰に支払ったり、売り手の受取額が少なかったりしないように先物契約が生み出されたのです。先物契約はシンプルに将来の日付で現在の通貨ペアの価格を固定するというものです。

取引業界の言葉で表現するなら、先物契約はヘッジやリスクの緩和および管理のために利用されています。本質的に、通貨ペアの価格が下落した場合は、トレーダーは完全に保護されますが、通貨ペアの価格が上昇した場合は利益を得る事は出来ません。

easyMarketsのプラットホームでの先物

easyMarketsのプラットホームの取引チケットでは、デイトレードや、先物、未決注文、またはオプションなどの取引のタイプを選択する事ができます。

市場エクスプローラーから市場を選択すれば、チケット上で先物取引として利用可能がどうかが分かります。

num
市場を選んでください
num
取引の量と許容できるリスクを選択してください
num
先物の日付を設定してください
num
ストップロスが自動的に表示されます
num
売却もしくは購入のボタンを押してください
num
市場を選んでください
num
取引の量と許容できるリスクを選択し、先物の日付を設定してください
num
ストップロスが自動的に表示されます。売却もしくは購入のボタンを押してください

取引エリアもしくはメニューの「オープンな取引」の下にある「先物取引」のセクションからストップロスを調整したり、テイクプロフィットレートを設定したりできます。この操作によってリスク量が変更され、それに応じてアカウントから自動的に引き落としまたは入金がなされます。

easyMarketsのプラットホームで取引できる先物市場

easyMarketsのプラットホームの取引チケットでは、デイトレードや、先物、未決注文、またはオプションなどの取引のタイプを選択する事ができます。

市場エクスプローラーから市場を選択すれば、チケット上で先物取引として利用可能がどうかが分かります。