開始するにはどうすればよいのでしょうか?

これでトレードの一部始終を学び、スキルをデモ口座で検証し、遂に実際のトレード口座を開設する用意ができましたね。では、どれほどの資金で始めるべきなのでしょうか?こちらが考慮すべきいくつかの要因です。

まずは 口座開設の際にブローカーから必要とされる最低預金額について知ることが重要です。

始めましょう

最低口座残高

まず、口座開設の際にブローカーから必要とされる最低預金額について知ることが重要です。株取引は無くなっても惜しくない金があるときだけに留めておくことが大切です。それは金融市場というものは多くのリスクというものをはらんでいるからです。

また、投資設備やソフトウェアへの投資に向けていくらか貯金しておく必要があるかもしれないので、一度に資金を投じてしまわないほうがよいかもしれません。加えて、初心者トレーダーの多くが最初の取引で失敗をしてしまうという統計もあるくらいなので取引の要領を掴んだときにもう一つ別の口座を開設できるよう、現金をいくらか後ろ盾として用意しておくとよいでしょう。

注記すべき他の要因はブローカーによって変動する最低引き出し額です。いくつかのブローカーは特にクレジットカードでの取引に対して最小引き出し額を課しませんが、一回の引き出しごとに最低$50を必要とする銀行送金もあります。 利益を多少引き出した場合でも市場に留まり、口座を開けたままにするために最低引き出し可能額以上の金額を預金した上で口座を開設したいと感じた場合を意味します。

近年、$10という低価格で口座開設でき、1:100のレバレッジという一見魅力的な条件を提示するブローカーがいくつかあります。しかしながら、高いレバレッジで少額の口座残高の組み合わせはマージンコールを必要とする可能性を高めるため、大きな価格変動が生じてもポジションを保持できるよう、もう少し投資額を増やしてみることは理に適っています。

マージンコールを避ける

トレードを資本不足が自分自身を失敗に追い込むことを意味するビジネスとして考えるとよいかもしれません。例えば、たった$25でトレード口座を開設した場合、資本を二倍、三倍にするのに十分な利益を確保したとしてもマージンコールによってそれらが一掃されるスピードの方が速いということがお分かりいただけると思います。

たった$25で最初の口座を開設した初心者トレーダーについて考えてみましょう。彼はピップが変動する度に$1.00となる為替レート1.0000で米ドル/スイスフランの小口を購入することに決めています。これは10ピップスの下落が$10の損失に等しく、10ピップスの上昇が$10の利益と等しくなります。

さて、仮に彼が10:1のレバレッジ比率でトレードしていると仮定しましょう。 つまり、彼は証拠金の10%、つまり2.5ドルを取引証拠金としてブローカーに預けなければなりません。自己資本がこの水準を下回った場合、彼のオープンポジションは自動的に閉鎖され、口座を抹消することになった場合に彼自身が損失を負担することになります。

わずか25ドルの資本金で、米ドル/スイスフランのロング・オープンで小口のポジションがあるということは、わずか22.5ピップスの下落で彼の残りの自己資本がわずか2.5ドルとなってしまうため、マージンコールを引き起こすのに十分であることを意味します。さらに、この場合発生する可能性のあるスプレッドやその他の取引手数料は考慮に入れていません。ここで、米ドル/スイスフランでは通常、ボラティリティだけでそのような少額が消えてしまうのに十分である平均70ピップス/日の変動が生じることを念頭に置いておいてください。

一方で、トレーダーが教訓を学び、$10,000の口座を10:1のレバレッジで開設するために節約したと考えましょう。、通貨ペアが100ピップス動いたとしても、彼は米ドル/スイスフランの小口を買うことができ、このポジションにとどまるかもしれません。なぜなら、彼の残りの持ち分は、平均以上のボラティリティでも、マージン・コール・レベルをはるかに上回っているからです。ペアは彼に対して500ピップス変動することでマージンコールを避けることができます。

My open trades

スプレッドのコスト

先ほど述べたように、いくらの資金で開始するかを明らかにする際にはスプレッドと他の潜在的な取引手数料も考慮する必要があります。理由は少額かもしれませんが、これらの費用がボトムラインの収益性に加算し、影響を及ぼす可能性があるためです。

当然ながら、口座に発生するこれらの費用を抑えるため、いくらのレバレッジを取り扱っているかを考慮にいれておくことも役に立つでしょう。例えば、$500で小口口座を保有した状態で5ピップススプレッドでGBPUSDのミニロットを五つ購入した場合、取引手数料としてすでに$25かかってしまうでしょう。

幸運ながら、easyMarketsはこれらのリスクと費用を最小限に抑えうる狭い固定スプレッドを提供しています。 取引を開始するために必要な資金の計算に役立つ、いくつかの通貨ペアに対するスプレッドと弊社のプラットフォームが提供する金融商品の表をこちらでご覧いただくことをお薦めしております。

View the spreads

トレードスタイル

最後になりますが、ポジションをオープンに保つ期間とアカウントがどれだけのボラティリティに耐えられるかを決定する、トレードスタイルが重要になります。もしスウィングトレーダーの方がトレードを数日、数週間をオープンにしておきたいと思うならば、取引しているペアの平均ボラティリティを考慮し、これらの潜在的な価格変動がお使いの口座によって切り抜けられることを確認する必要があります。長期トレード戦略は市場により長くとどまることができるため、大口顧客にとってより適切です。

もちろんこれは必ずしも短期トレーダーまたはスカルパーが少額の口座を排除してよいという意味ではありません。これらのトレードスタイルではトレードを頻繁におこなえばおこなうほど、口座に取引手数料がかかるため、スプレッドはより考慮するべき事項となります。

Trading style

トレーダーの皆様のご意見