指標はどのように取引すればよいのでしょうか?

株価指標は通常、特定の国の事業区分の経済力の規格として扱われます。これらの指標は該当国のトップ企業を含むため、消費と事業活動が活発になると、脆弱な経済業績がシェア価格を下落させる傾向がある一方で、一般的にシェア価格の高騰として反映されます。これらの指数は国の通貨のプロキシとして捉えることもできます。

多くの初心者トレーダーが、特定の企業の株式を取引するのを少し複雑だと感じているので、まずは株価指標の取引から開始する人もいます。結局インデックスドライバーや経済データ、最新の政治関連情報などの関連レポートは一般公開されており、オンラインで簡単に閲覧することができます。例えば、GDP報告書や雇用データは、特に予想を下回ったり上回ったりする場合に、指数の価格動向に影響を与える傾向があります。

easyMarketsプラットフォームは最大の株式市場の指標を提供しています。

トレーダーは上位のデータ発表や金融イベントに対する強い傾向や反応を示すアメリカ合衆国、ヨーロッパ、アジアそして新興市場における最大の株式市場の指標に細心の注意を充てています。株価指標はダウ、S&P500、Nasdaq、German DAX、French CAC40、FTSE100、Nikkei、China50、ASXなどで構成されています。全てeasyMarketsプラットフォームで提供されています。

これらの指標の取引における利益と損失を計算する場合にはスプレッドとピップ値について知る必要があります。また、トレード口座への預金額を決定する前、トレードあたりのポジションサイズを計算する際に最小のコントラクトサイズと委託証拠金に注意することも重要です。

指標の取引は短期トレーダーにも長期トレーダーにもおこなっていただくことができます。経済に関する発表や見出しは、売買立会における価格急騰につながる可能性があるため、短期トレーダーの収入源となる傾向があります。一方で、これらの経済に関するレポートと全体的な市場センチメントは、長期的なトレーダーが潜在的な動向と逆転を把握するための指針ともなります。

Indices

米国株価指標の取引

Indices

米国株価指数を取引するとき、決算発表により市場が特定の方向に変動する傾向があるため、決算発表を注視することも役に立ちます。決算発表時期は通常、四半期末の1カ月後に始まり、将来の市場動向の指針となります。大手企業の決算が予想以上に好調であったり、前期に比べ改善した場合は、株価が上昇傾向となる可能性があります。一方で、悲観的な業績見通しや見通しの下方修正は、株価指数の下落につながる可能性があります。

指標はCFD(差金決済)取引を通じて契約の開始時と終了時の価格の差額が買い手と売り手との間で決済されます。これは、オーバーナイト金利が適用され、ロング・ポジションとショート・ポジションのどちらを保有しているかに応じて、プラスまたはマイナスになるということを意味します。これらのレートは通常LIBORまたは中央銀行の金利レートのようなベンチマークに基づいています。そして、マージン取引で取り扱われる商品と同様に、指標取引にはトレーダーが十分に認識すべきあるリスクがあります。easyMarketsが提供する商品や、スプレッド、ピップ値、コントラクトサイズ、委託証拠金については、こちらをご覧ください。

トレーダーの皆様のご意見